カードローン 使い方

お金を借りて返す

カードローンの使い方は簡単なので、1枚持っておくと大変便利ですよね。

 

カードローンを使う目的は、言うまでもなくお金を借りることですが、借りたら当然ながら利息をプラスして返さないといけません。

 

カードローンは、個人ごとに設定された利用限度額の範囲内ならいつでも何度でも借入が可能な便利なローンです。

 

金利は審査によって決定された利用限度額と利用実績に応じて年利(数%〜18%程度)が決められます。

 

返済は借入残高に応じて決められた金額(元利金)を支払う、残高スライドリボルビング方式が一般的です。

 

決められた期日までに決められた額の返済(約定返済)をするのはもちろん、いつでも追加で都度返済することも可能です。

 

これらの、「借入」「返済」を窓口に行かなくても、ATMやネットを使っていつでも何度でも自由にできるのがカードローンの使い方の特徴です。

 

大手消費者金融のプロミスやモビットはカードローンなのに「カードレス」にすることも可能です。

 

 

おすすめカードローン一覧

借入するときの使い方

カードローンは、その名の通り、通常は発行されたカードを用いてキャッシングしますが、カードを使わず銀行口座への振込キャッシングをすることもできます。

 

ATM

カードを発行している消費者金融や銀行の自社ATMはもちろん、提携ATMでも借入することができます。

 

 

銀行のカードローンは自行のATMはもちろんコンビニなどの提携ATMでの利用手数料が無料となっているところが多いようです。

 

消費者金融のカードローンは、自社のATMおよび系列の銀行ATMなら手数料無料のところがありますが、その他の銀行やコンビニなどの提携ATMは金額に応じて108円または216円の手数料が必要となります。

 

例えば、プロミスやモビットなら三井住友銀行のATM利用手数料は無料です。ちなみにモビットには自社のATMがありません。

 

操作方法(使い方)は利用するATMによって異なっています。

 

メニューから目的の項目を選んでからカードを挿入する場合と、先にカードを挿入してから目的の項目を選ぶ場合があります。

 

選ぶ項目は借入だと、「お引出し」「カードローン⇒お借入れ」など様々です。

 

基本的には画面の表示項目やメッセージで使い方が分かるようになっています。

 

ATMでのキャッシングは機械が稼働している限り、24時間いつでもお金を借りることが可能です。

 

ATMでの借り入れはカードが必要なので、カードを忘れると基本的にできませんが、消費者金融の自社ATMでは必要事項の入力によってできたりします。

 

借入金額は銀行なら1万円単位のところもありますが、消費者金融なら1,000円単位でも借りることができます(一部ATMを除く)。

 

カードレスだとATMでの借入ができませんが、モビットはセブン銀行ATMならスマホアプリを使ってATM取引が24時間できるサービスをやっています。

 

銀行口座振込

ネットや電話で振込依頼をすることによって、事前に登録した銀行口座へ振り込んでくれます。

 

 

銀行振込での借入は平日の15時までに振込処理が完了しないとできませんが、インターネットバンキングによって24時間振込可能な場合もあります。

 

銀行カードローンだと、自行の口座を持っていることが基本ですが、中にはその銀行の口座を持っていなくても利用できるローンもあります。

 

自行の口座ならネットバンキングによって24時間振込可能なところがあります。

 

消費者金融でも指定する銀行の口座を登録しておけば、24時間振込が可能なサービスがあります。

 

例えば、プロミスなら三井住友銀行かジャパンネット銀行、アコムなら楽天銀行の口座を登録しておけば、平日だけでなく休日もネットから依頼して24時間借入可能となっています。

 

銀行にしても消費者金融にしても、イザというときに24時間振込してもらえるローンを選ぶのが便利ですよ。

 

借入時の振込手数料はほとんど必要ないと思ってよいでしょう(銀行または金融会社負担)。

 

おすすめカードローン一覧

返済するときの使い方

カードローンの返済方法には、ATM利用、振込、口座からの自動引き落とし(口座振替)があります。

 

約定返済(決められた期日に決められた金額を支払うこと)には、口座振替を選択することも可能です。

 

約定返済以外にも、ATM入金や振込を利用して、任意で随時追加入金するという使い方ができます。

 

ATM入金や振込で約定返済をする場合は、例えば期日の2週間前以降でないと約定返済分とみなされず、随時返済と見なされることがありますので、この使い方には注意してください。

 

銀行の場合は、毎月の約定返済は口座振替のみとなっている場合もあり、その場合でも任意の随時返済は振込やATM入金するという使い方もできます。

 

ATMや振込での入金がないときにのみ自動で口座振替されるという仕組みのローンもあります。

 

毎月の返済以外にも、お金に余裕があれば随時追加入金できるのがカードローンの使い方の特徴でしょう。

 

カードローンの最低返済額は低く設定されていることが多く、毎月の返済額だけではなかなか元金が減らず、利息をかなり支払うことになりますので、できるだけ追加で入金をするように心がけましょう。

 

お金に余裕ができたら随時入金するという使い方をしていれば、利息をかなり抑えることができます。

 

ATM

ATM利用ではカードを用いて行いますが、会員番号と暗証番号があればカードを持っていなくてATMで入金できるローンもあります。

 

操作方法(使い方)は利用するATMによって異なります。

 

メニューから目的の項目を選んでからカードを挿入する場合と、先にカードを挿入してから目的の項目を選ぶ場合があります。

 

選ぶ項目は返済だと、「お預け入れ」「カードローン⇒ご返済」など様々です。借入残高の照会もできます。

 

基本的には画面の表示項目やメッセージで使い方が分かるようになっています。

 

ATMでの入金もATMが稼働している限り、24時間いつで入金することが可能です。

 

消費者金融のカードローンでは、借入同様にコンビニなどの提携ATMでは利用手数料が必要になります。

 

モビットはカードレスでもセブン銀行ATMならスマホアプリを使ってATMでの入金が24時間可能です。

 

口座振替

消費者金融で約定返済を口座引き落としする場合は事前に申込み手続きが必要で、利用できる銀行等が限られていることがありますので事前に確認しましょう。

 

銀行では、約定返済の期日までにローン口座への振込みやATM入金が無い場合、自行の預金口座より引落しする方法をとっているところもあります。

 

口座振替は、自動で引き落とされるので、振り込んだりATMへ足を運ぶ必要がありませんので便利です。

 

しかし、残高スライドリボルビング方式だと、借入残高によって返済額が変わりますので注意が必要です。

 

例えば今までは返済額が4,000円だったのに、追加で借入をしたら8,000円になることもあります。

 

残高不足で約定返済ができなかった場合は追加借入ができなくなりますので、口座への残高が足りなくならないようにしましょう。

 

振込

消費者金融なら指定の口座に銀行振込によって入金することも可能ですが、振込手数料が必要になるのであまりメリットはありませんよね。

 

銀行の場合はインターネットバンキングによって預金口座とカードローン口座で資金移動をして入金できるようになっている銀行もあります。

 

おすすめカードローン一覧

カードレスでの使い方

プロミスやモビットでは、カードが発行されないカードなしのカードローンを選択することができます。(申込み条件があります)

 

銀行では「ネットキャッシング」などの名称となっています。

 

カードレスだと、借入は預金口座への入金となり、返済は口座振替のみとなります。

 

カードがある場合は、カードを使わないでATM取引する使い方がありますが、カードレスローンの場合はATMは基本的に利用できません。

 

ただしモビットのカードレスの場合、セブン銀行ATMに限りスマホアプリでのATM取引が24時間可能となっています。

 

カードレスローンだと、カードの紛失の心配がありませんし、財布の中に入れておいたローン用のカードを他人に見られる心配もありません。

 

また、郵送物もありませんので誰にも知られずにカードローンを利用することができます。

 

おすすめカードローン一覧

お得なカードローンの使い方

カードローンはお金を借りるためのカードですが、お得な使い方があるのです。

 

金曜日に飲み会があるのに、銀行からお金を下すのを忘れていたときです。

 

もし近くに銀行ATMがなくて、コンビニのATMでお金を下す場合、18時までなら108円、18時を過ぎると216円の手数料がかかります。

 

コンビニでなくて他行のATMを利用する場合も同じですね。

 

ところが、メガバンクやネット銀行のカードローンならコンビニATMの手数料が無料のところがあります!

 

しかし、お金を借りるのだから金利がかかりますね。

 

でも金曜日に借りて月曜日に返済するのなら、ATM手数料より金利のほうが安くなるんです。

 

1万円を借り入れたとして、借りた期間は3日間なので、金利を仮に18%として計算すれば、利息は15円くらいです。

 

10,000円 × 0.18 × 3日 ÷ 365日 = 14.5 円

 

3万円借りた場合でも利息は44円くらいなので、これでもATM手数料よりずっと安いですよね。

 

ただし消費者金融のカードローンの場合は、コンビニATM手数料が必要なので、この裏ワザは使えません。

 

プロミス、アコム、アイフルの場合は無人契約機などに併設された自社ATMで借り入れればOKです。(モビットにはATMがありません。)

 

さらにプロミスとモビットは三井住友銀行のATM手数料が無料なので、この裏ワザが使えます。

 

以上、カードローンのお得な使い方でした。

 

おすすめカードローン一覧

カードローンの使い方Q&A

ATMの営業時間を教えてください

コンビニ設置の提携ATMなら、おおむね24時間稼働しています。

 

銀行のATMは設置場所によって営業時間が異なっていますので、各銀行のホームページなどで確認してください。

 

大手消費者金融のATMは、一部の設置場所を除いて次のとおりとなっています。

  • プロミス:7:00 - 24:00
  • アコム:24時間
  • アイフル:7:00〜23:00
  • モビット:なし

 

口座振替で利用できる金融機関を教えてください

銀行のカードローンの場合は、自行の口座しか利用できないでしょう。

 

大手消費者金融の場合は、多くの金融機関が利用できますが、カードレスの場合は制約がある場合があります。

 

モビットのカードレス(WEB完結申込)では、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座しか利用できません。

 

プロミスのカードレスでも、口座振替の銀行はホームページ上で確認することになりますが、200以上の多くの金融機関が利用できます。

 

提携ATMの利用手数料を教えてください

三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行のカードローンならコンビニなどの提携ATMの手数料は無料となっています。

 

大手消費者金融の提携ATM利用手数料は、借入、返済ともに、取引額が1万円以下の場合は106円で、取引額が1万円を超える場合は216円となっています。

 

振込で借入や返済を行う場合の手数料を教えてください

振込キャッシングで借り入れをする場合、ほとんどのローンで振込手数料は金融会社負担なので必要ありません。

 

しかし、返済時は逆に利用者負担となるので、利用する金融機関所定の振込手数料を支払わなければなりません。

おすすめカードローン一覧